読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺいちゃんねる'16

続いてはこちらの曲。

【ハロプロ】「笑顔YESヌード」の喘ぎ声みたいなものを全部文字起こししてみた!!!!!!!!!!!!!

ハロー!プロジェクト

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。突然ですが

みなさ~ん「笑顔YESヌード」は好きですかぁ~?


なんのこっちゃわからない方のために説明しますと、「笑顔YESヌード」とはモーニング娘。の32枚目のシングルであります。つんくの詞曲に松井寛MISIA東京女子流でおなじみ)の編曲がついたアダルトなファンク・チューンで、ファンの間でもとびぬけた人気はないものの、名曲として名をあげられることが多いです。

ちなみに私は断然アルバム「SEXY 8 BEAT」収録のAlbum-mix派。
違いは一目?瞭然。アルバムバージョンを先に聴くとシングルバージョンがすごくスカスカに聴こえる!

吐息のリバーブやベースラインの強調、その他の音を追加されものすごくゴージャスなサウンドになっているんですよ~。

 


Morning Musume - Egao YES Nude (ALBUM MIX) PV

 

んで!この曲はなんといっても、細かいんです。歌割りとか、吐息とかね。
カラオケで完コピできる日はくるのだろうか……
いや。完コピしたい……愛ちゃんになりたい!!!!!
そんな思いを募らせすぎて、歌割り歌詞はコピペだけどそれの間を完全に文字起こししてみました!相変わらず気が狂ってるわね!!
でもそんな自分がすき……。


笑顔YESヌード

 作詞・作曲つんく♂ 編曲松井寛 コーラスつんく♂竹内浩明

(※コーラスがある部分は太字にしています。おそらく歌メロをなぞってるのがつんく♂、その他の部分は竹内浩明さんが担当してらっしゃいます)

 

【コーラス】(He He He……) Hey DJ (DJ DJ DJ……)

【亀井】「yes……」

【コーラス】Huh-uh Huh-uh Huh-uh

【高橋】NaNaNaUh wowow Yeah Nu-Uh wowow Yeah-

    うん♡
【吉澤】溢れる光(あん)
【新垣】漂うBlack berry(あっ)
【吉澤】愛してやまないその瞳 (あっあんっ)

【高橋】ねえ抱きしめて (あっ)
【藤本】このままじゃいられない
【高橋】でもね 【亀井】でもね【高橋】でもね【久住】でもね
【藤本】Lovely【道重】Lovely【藤本】Lovely【田中】Lovely

【新垣】涙が出たり (あっ)
【吉澤】この恋Mystery (う-ん)
【新垣】もう振り返られないみたい(う・うん)
   

   (チキッ)
Bメロ
【光井】どうしてそんなに優しいの 一人が寂しいじゃない
【田中】(う~ん)あなたの希望(←kibwowと発音する)を聞かせてよ
    (あ~ん)←リバーブすごい
【久住】唇乾く前に
    
    (あん♡) 
サビ
【吉澤・藤本・田中・久住】笑顔YESヌード
【高橋・新垣】あなただけの私だから
【吉澤・藤本】遠慮せずに強くしてよ
【高橋・新垣】どんな夜もついて行くから

【吉澤・藤本・田中・久住】笑顔YESヌード
【高橋・新垣】だけどだけど凄く素敵
【吉澤・藤本】遠い遠い夢のはずが
【高橋・新垣】なぜかなぜかあなたの胸で
【光井】笑顔で眠る

【高橋】Uh-uh-uh  wowowow……Ah-ah-ah……

2番Aメロ
【藤本】Kissしたばかり(あ~ん)
【高橋】2度目のFebruary (ッツァ……)
【藤本】誰にも負けないこのMelody (あんっあんっ)

【新垣】もう乱れてる (あっ)
【吉澤】このままじゃ壊れるわ
【新垣】でもね 【亀井】でもね【新垣】でもね【久住】でもね
【吉澤】Lovely【道重】Lovely【吉澤】Lovely【田中】Lovely

【高橋】お茶してみたり (茶っ……)
【藤本】オシャレなBakery (うッ)
【高橋】ほら二人で出かけましょうよ (あっうんあっ)

Bメロ
【光井】どうしてこんなに楽しいの 真夏が待てないじゃない
【田中】(う~ん)世間の予想は信じない
    (あ~ん)←リバーブすごい
【久住】女の勘で行くわ

    (あんッ)
サビ
【吉澤・藤本・田中・久住】笑顔YESヌード
【高橋・新垣】あなただから私なのよ
【吉澤・藤本】愛し合えば止まらないわ
【高橋・新垣】終わり知らぬロミオとジュリエット

【吉澤・藤本・田中・久住】笑顔YES(←ウィスパーのみ)ヌード
【高橋・新垣】だからだから少し怖い
【吉澤・藤本】近い近い恋のはずよ
【高橋・新垣】でもねでもね貴方の胸で
【新垣】疲れて眠る

【高橋】NaNaNaUh wowow Yeah Nu-Uh wowowow No-wowow Babe

Cメロ
【久住】貴方と見てたわ流れ星 ゆっくりな流れ星
【道重】(う~ん)願い事を唱える前に
    
(あ~ん♡)←リバーブすごい
【亀井】手を強く握ったの

    (あんッ・あっ・あん・あんッ)
サビ
【吉澤・藤本・田中・久住】笑顔YES(←ウィスパー+コーラス)ヌード
【高橋・新垣】あなただけの私だから
【吉澤・藤本】遠慮せずに強くしてよ
【高橋・新垣】どんな夜もついて行くから

【吉澤・藤本・田中・久住】笑顔YES(←ウィスパーのみ)ヌード
【高橋・新垣】だけどだけど凄く素敵
【吉澤・藤本】遠い遠い夢のはずが
【高橋・新垣】なぜかなぜかあなたの胸で
【吉澤・藤本・田中・久住】笑顔YESヌード(←地声+ウィスパー+コーラス)
【高橋・新垣】あなただから私なのよ
【吉澤・藤本】愛し合えば止まらないわ
【高橋・新垣】終わり知らぬロミオとジュリエット
【吉澤・藤本・田中・久住】笑顔YES(←ウィスパーのみ)ヌード
【高橋・新垣】だからだから少し怖い
【吉澤・藤本】近い近い恋のはずよ
【高橋・新垣】でもねでもね貴方の胸で
【高橋】疲れて眠る

【コーラス】Huh-uh Huh-uh Huh-uh(このあとHa Ha Haの繰り返し)

【高橋】NaNaNaUh wowow Yeah Nu-Uh wowowow wowowowow Uh-uh-uh-uh……


以上です。
どうでしょう。文字起こししてはじめて気づきましたが同じ「笑顔YESヌード」というフレーズにもバリエーションがあって面白いです。つんく♂さすが。芸が細かい。

みなさんもこれをみて勉強して、ぼくと一緒に完コピカラオケ、しましょうね!
最後に面白い画像はっておきます。Bye Bye またね

f:id:peiqn:20170105194034j:plain

 




2016年ももう終わりなので今年よかった音楽マイベスト10をジャンル別に雑に紹介するよ!

音楽の話

やっばい2016年終わるぅ!せっかくいろいろ考えてたのにブログ更新できずに終わってしまう~~!それだけは避けようと思い、とりあえずランキングと雑な一言コメントを書きました。一言コメントはかなり適当なので読んだらすぐに記憶から消してください。

 

ハロプロ部門】
10.男と女とForever/℃-ute

 トラックがゴージャズで聴きごたえあり。
9. 桜ナイトフィーバーこぶしファクトリー

 カラオケで歌ったら楽しくって楽しくって。
8.Tokyoという片隅モーニング娘。'16

 Crazy Beat wowow wowow
7. 独り占め/つばきファクトリー

 つんく絶対本気出してないだろうに良い曲すぎました。
6.気高く咲き誇れ/つばきファクトリー

 ゆくぜつばきファクトリーイェー
5.冷たい風と片思いモーニング娘。'15

 鞘師のこと分析しすぎなつんくの愛。
4.夢幻クライマックス/℃-ute

 MVで+200000000000000000000点
3.大人の事情/NEXT YOU

 つんくの本気。シングルカットしとけや!
2.次々続々アンジュルム

 ひなフェス初披露~めいめい卒コンの流れが完璧すぎました。
1.恋はマグネットカントリー・ガールズ

 地味ながら何度聴いても飽きず。この1年ずっと聴いてました。

【女性アイドル部門(ハロプロ以外)】
10.好感度あげたい!/フィロソフィーのダン

 他のシティ・ポップアイドル勢と比べて芋っぽいのが逆に良い。
9.妄想フィッシング学園/つりビット

 嫌いなわけない生演奏。歌詞の意味不明さが最高。
8.レイニー・ブルース/Especia

 路線かえたんやなかったん?と驚いたけど良かったっす。
7.まっすぐ/私立恵比寿中学

 乃木坂やん!でも良い曲やん?熱いです。テイラーのくだりが秋元ぽくてキモイので順位はここらへん。
6.SNSをぶっとばせ/Negicco

 OKAMOTO'Sいいね。このアルバムはここから聴き始めれば名盤に感じます。
5.矛盾、はじめました。/Negicco

 名曲中の名曲。下半期に出てたら1位あげてたかも。
4.二人セゾン/欅坂46

 Bメロからの展開が素晴らしい。アンチ、やめました。
3.オーケストラ/BiSH

 苦手な声の子がいるけどそれを補うものが多すぎて……。
2.大人やらせてよ/夢見るアドレセンス

 川谷絵音の詞を聴いてると、え…これって……と邪推してしまうけど最高。
1.AvalonamiinA

 バグパイプのイントロからファンタジーなAメロ助走をつけるBメロ、からの爽快感ありまくりのサビ!サビに繋げる2音が最高なんですよ。初めて聞いたとき鳥肌立ちました。スタジオ・ミュージシャンを起用してつくられたサウンドがほんとに良質。

【それ以外の楽曲部門】
11.Radio体操ガール/冨田ラボ feat.YONCE

 リズミカル。他国言語の羅列が最高にキャッチー。 
10.セピア/南波志帆

 こんなのきらいなわけないでしょうが……!
9.みなと/スピッツ

 ジャケット100点。カラオケでよく歌ってます。
8.ケルベロス相対性理論

 わんわん。このアルバム良いと思うけどなぁ。
7.V.H.S./ベッド・イン

 (ちゃん)まいっちんぐ~♡
6.洗濯物をとりこまなくちゃ/シャムキャッツ

 フィンガーノイズきゅいきゅい。
5.たらい舟に乗って/婦人倶楽部

 アルバム最高やったわ……。
4.この街の夜さ/カンバス

 GOOD MUSIC。視聴後5分で購入。
3.Moebius/王舟

 アナログ盤収録のMOCKY Remixも良いですね。
2.I'll do my best/三戸なつめ

 これはパンクや!三戸なつめはパンクや!
1.No Woman/Whitney

 Fleet Foxesというバンドが好きだったのですがあれほどホーリーな感じもなく聴きやすい。アルバム全曲いいという怪物っぷり。今年洋楽に向けるエネルギーはすべてこのバンドに持っていかれました。あぁ よかったなぁ Whitneyがいて。

 

以上です。雑すぎてやばい。でも全曲良いです!これは保証します!

【ハロプロ】2016年のコンサート名場面……に選ばれなさそうな名演BEST5を選んでみました!

ハロー!プロジェクト

2016年ももうすぐ終わりですよー。
ってまだ結構あるか……。
あらゆる意味で早いですね、早すぎですよね。こういう風にして年取っていくんですね……やだな(そうじゃない/モーニング娘。'16より)

さて、今回は今年行われたハロー!のコンサートのなかから、名場面に選ばれなさそうな!名演マイベスト5を選んでみました。基本的にDVDで観た感想ですが割と良いチョイスだなと思います。なるべく推しに惑わされないように、頑張って選んだつもりっす。


5位 風に吹かれて/Juice=Juice

www.nicovideo.jp

「Juice=Juice LIVE MISSION 220 ~Code3 Special→Growing Up!~」より。
中野サンプラザ公演!菅井ちゃんに鍛えられ、事務所に馬車馬のように働かされ、ハロー!でも突出した(メンバー平均)歌唱力を手に入れたJuice=Juice。
この中野公演ではその自信が画面からむんむん伝わってきて胸やけ気味……だったのですがこの曲ではそれが抑えられ気味で良い具合でした。「イジワルしないで抱きしめてよ」なんか牛脂なみにこってりしていて胸やけしそうになりましたよぉ。なんでだろう?あんまり歌ってないからかな、この曲……。でも、秋頃のパフォーマンスでは持ち直して、武道館ではちゃんと歌がうまい”アイドル”の姿になってましたね。
ドラマで鍛えられたのかメンバーの表情もドラマチックです。「いつからこうなったのかしらね?」と歌いながら歩く佳林ちゃん!怖いです!

春ツアー、武道館の「続いていくSTORY」、フルコーラスライヴでOKAMOTO'Sのハマオカモトも参加した生演奏「ロマンスの途中」、ひなフェスの「大人の事情」は名場面に推したいパフォーマンスです。あと春ツアーの「インスピレーション!」も!


4位 YAH!愛したい/モーニング娘。'16


YAH!愛したい! モーニング娘。’16 EMOTION IN MOTION

モーニング娘。'16コンサートツアー春~EMOTION IN MOTION鈴木香音卒業スペシャル」より。
まさか生田のフェイクに驚かされるとは!15春「GRADATON」で”ワンフレーズだったらいけるんじゃないか?”と感じた瞬間があったんですが、音域さえあればここまでできるのかと興奮しました。
ズッキセレモニー前後はもちろん名場面入り。9期の「乙女のタイミング」も名場面のほうでしょうね。それにしても「声」~「乙女のタイミング」~「YAH!愛したい」~「愛して愛して後一分」の流れはよかったなぁ。

他には冬ハロコンの「ミステリーナイト!」カバー、ひなフェスの「晴れ 雨のち スキ♡」、夏ハロコンの「シャボン玉」、秋ツアーの「Take off is now!」もよかったですね。加賀楓さん横山玲奈さんが加わった新生モーニング娘。にも期待大っす。あかねちん痩せて~。あかねちん最近伊藤みどりにしか見えないから。


3位 桜ナイトフィーバーこぶしファクトリー

www.nicovideo.jp

こぶしファクトリーライブツアー2016春~The Cheering Party!~」より。
れいれいの雄たけびから始まって藤丼のPCカタカタ、あやぱんのカメラ目線などおいしいところ満載の映像。とにかく楽しいこぶし像がこれにつまってるなぁと感じます。


今年はコンサートではとくに感動的な場面はありませんでしたが、オリコン1位を獲得したりアルバム曲「辛夷の花」のMVのすばらしさなど話題に事欠かない一年でしたね。
そういえばこの作品のなかではあやぱんとみなみなの「記憶の迷路」がものすごく良いんです!そっちは名場面かな。いま気づきましたがふつうにニックネームで書き始めてしまいました……(こぶしのことを書いてる途中3回もブラウザがクラッシュしたせい)


2位 汗かいてカルナバル/アンジュルム


アンジュルム「汗かいてカルナバル」2016春【九位一体】

 

アンジュルム コンサートツアー2016春『九位一体』~田村芽実卒業コンサート~」より。
名場面に次ぐ名場面……名場面しかないんじゃないか?というくらいノリにのっていた今年のアンジュルム。のなかでも割とスルーされがちなのがこの曲だと思います。
九芒星のステージの上で踊りまくる9人……かっこいいでもかわいいどちらでもないけれどどちらでもあるという、楽しいアンジュルムのパフォーマンスですね!

めい場面……は冬ハロコン「念には念」、ひなフェス「次々続々」「シャボン玉」、「九位一体(全部)」
名場面は夏のハロコン「チョット愚直に猪突猛進」です。
はい、ぼくが一番すきなグループはアンジュルムです。わかりやすい。


1位 会えない長い日曜日/つぼみファクトリー


会えない長い日曜日 つぼみファクトリー

「ひなフェス」より。地味なメンバーが集まったこのシャッフル……。
かと思いきや!?とにかくフレッシュ!笑顔がきらきら~!!
選曲も素晴らしく完全にBABY!カミコにKNOCK OUTされましたね。
推しに左右されないよう……と書きましたがとにかく今年はカミコ……上國料萌衣ちゃんに翻弄された年でした。同郷ということで最初から応援してはいましたがとんでもない逸材だった……。この「ひなフェス」でも「次々続々」での新人離れしたクールな表情をみせ、そしてこの曲でのこの笑顔……このギャップ……最高。カミコ、神の子!

もちろんこぶつばメンも素晴らしい!れいれい、みなみな、たぐっち、希空みんな安定していて、ハロプロの希望がこのパフォーマンスには詰まってるんですよ!ってもう声を大にして言いたいです。何年経っても口パクなアイドルも世の中にはいるというのにねぇ!研修生のころからがんばった甲斐があったねぇ!!
みなさん、5年後のハロー!を引っ張るのはこの子たちですよ!!ここ!もう太字で読んでください。エラーが怖いのでぼくはもうやりませんよ!!!ここまで書くのに何回クラッシュしたことか!知らねえよって感じですか?そうですよね!
てか……5年後にハロー……あるかなぁ……

 

以上です!個人的に今年はハロー!当たり年の一年でした。良い曲たくさん、良いライブもたくさん!ここには挙げてませんがカントリーの夏ライブもすごくよかった(恋人は心の応援団、新しい恋の初デート、ガラスのパンプス……)し、つばきもハロコンで楽しかったし、℃-uteも……解散しちゃうからね……かなしい……。もちろんBuono!もよかったぁ。も、桃子……うう……。今年はめいめい卒業がすっごく悲しかったんですが、来年はそれを量も質も上回る悲しみに襲われそうでこわいです……ハァ。
みんながいなくなる前に、生でみておかなくちゃ!ハロコンいかなきゃ!


さて、皆さんが好きだったパフォーマンスはどれですか?
年末、この話題を肴にぼくと最後に盛り上がっていこうか~~~!って感じです。TwitterやLINEでぜひ話しかけてくださいね。ハロー!の話題ならテンションマックスで返信しますから!!ハロプロ楽曲大賞の話題でも可!!!なんなら別の話題でも可です。

みなさま良いお年を~!

村上○樹のパロディゲイ小説を再掲してみる。

昔amebaで書いていた村上○樹のパロディ小説を発掘したのですこし修正して載せます。
こんなの書くなんて昔のおれどんだけ暇なんだよ!って感じですね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 僕は闇の中で、獲物を狙う梟のように身をひそめた。目をしっかりと闇に慣らし、「じぶん好み」の誰かが闇の中に姿をあらわすのを待つ。

 どこかで誰が喘ぐ声が、妙に艶っぽく聞こえる。それは獣の雄たけびのようであり、ときに処女膜を破られた少女の叫びのようにも響き、僕はそれが、成人した男性の声帯から発せられているものだということをつい忘れてしまいそうになる。

 

 でも僕はそのことを忘れてはならない。

 この場所にいるのは、全員男性―それも、みんな肉体的接触に餓えている。そしてもちろん僕も例外ではない―なのだ。僕は休憩室から出てきた男たちの方にしっかりと目線をやった。もちろん積極的な視線は送らない。あくまでもクールに。僕はそうやって、なんとか最低限の自尊心を体現する。

 彼らは血眼で「じぶん好み」の男を探している。すれ違う一瞬で全身をくまなく目視し、彼らの中の基準に照らし合わせて鑑定していく。

 そのうちのひとりが僕に興味をしめし、手を伸ばしてきた。

 

 僕は拒否するわけでもなく、まったくの無防備さで彼を受け入れた。

 「個室、行こうか」と彼は言う。

 僕は、彼に手を引かれながら、残る男たちの顔を注意深く観察した。

 

 もし僕がここで、この手をふりほどいて他の男の元へ向かったら、この人はどういう顔をするだろう。この人は、きっとその顔、その身体で今までに多くの男を魅了し、関係を結んできたのだろう。この世界でセックスするということは、そういうことだ。顔つきや、身体、髪や髭など、わかりやすいアイコンが揃っていればいるほど、魅力的だということになる。その点で、この男は十分に魅力的であった。

 

 そんな彼を、この一見純朴そうな僕が、拒否する。これ以上の屈辱はないはずだ。

 彼は空いている個室を探しながら、どんどん奥へ進んでいく。

 僕が、いつ彼を裏切ろうか、そんなことを考えていたとき、別の自分がひょいと姿を現した。

 

 「君は、この人に抱かれたがっているんだ」と別の僕が言う。

 いや、そんなことはない。確かに僕好みではあるけれど。

 「我慢をしても良いことはない。この人に、自分の性欲をすべてぶつけてみるんだ。そうすれば、きっと色んなことが上手くいく。発展場とは、そういう場所なんだ。そして、僕たちの行うセックスというものは、そういうものなんだ。そうすることで、やっとすべてが完結に向けて動き出す。君もよく知っているだろう?相手が好きかどうかなんか、どうでもいいはずさ。肉体は常に正直で、常に開かれていなければならない」

 

 別の僕がそう言い切るのと同時に、握られていた手が解放された。
 僕が口を開くより早く、彼は腰に手を回し、誰もいない個室のなかへエスコートする。
 暗闇のなか布団の感触が確かに足に伝わる。
 彼がドアを閉めると、僕は強く目をつぶり、深呼吸した。

 「肉体は常に正直で、常に開かれていなければならない」
 別の僕が、再びゆっくりと唱えた。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おしまい。

冬のプレイリスト作りました。

音楽の話

すっかり秋めいてきました。朝とても寒いです。それなのに仕事してたら自然に汗が……デブだと思われるからやめて!STOP MY BODY!!!

春だと思えば夏が来る。夏だと思えば秋が来た。きっと冬もすぐそこ。
なので冬のプレイリストをつくりました。気がはやい。若いゲイが付き合いはじめたあと他の男に手を出そうとするスピードよりはやいです。

そしたら思ったより良い曲が集まり、誰かとシェア(笑)したい気分になったので載せておきます。あれ……これ冬の曲なの?なんて曲も。そういうときはスルーしてくださいね!つっこまれても知らん!

1.あなたのいない世界で/PIZZICATO ONE feat. 市川実和子


あなたのいない世界で Pizzicato Five
貼った動画はFiveだけどONEのほうです。市川姉妹の「シン・ゴジラ」で話題になったほう、じゃないほうです。

2.Wouldn't It Be Nice/The Beach Boys


Beach Boys - Wouldn't It Be Nice

木枯らしに抱かれたいときに聴きたい洋楽No.1。Pet Soundsでこれだけ再生回数が桁違いでニワカ丸出し。

3.冬の妖精松田聖子


松田聖子 冬の妖精

サムネで観る気失せたと思いますが良い曲ですよ。作詞松本隆/作曲大瀧詠一。1981年リリースのアルバム「風立ちぬ」(名盤)の1曲目。

4.クリームシチュー [The Stew] /矢野顕子


矢野顕子/クリームシチュー

作詞糸井重里、編曲・コーラス槇原敬之。「OUI OUI」収録。
今度ベスト出ますね。初回限定盤予約してます。たかいよ。

5.この街の夜さ/カンバス


この街の夜さ - カンバス [MV]

むしろこれだけでブログ書きたいくらいいまハマってる。福岡発のシティ・ポップということで。流線形やLampHARCOが好きな方はぜひ。
アナログリリースのみかと思いきやototoyでも配信されています。ジャケットもいいよ。

6.うれしい予感/渡辺満里奈


うれしい予感 2'
作詞さくらももこ作曲大瀧詠一のナイアガラ・サウンズ満里奈。すげー豪華!しかも全然売れてない!
ちびまる子ちゃん二代目OPらしいですがぼくは全くそのことを覚えてないです。
あ、平成生まれっぽい発言しちゃったかな?いま……。えへ

7.Ticket To Ride/The Beatles


Beatles - Ticket to Ride (Live at Wembley Stadium 1965)

大学のころからなぜかこの曲は冬に聴くと決めている。


8.Polly/Whitney


Whitney - Polly (Official Video)

ヒューストンではない。イリノイ州シカゴのバンド。
この前輸入盤の音源を買ったのだが11月に追加音源3曲の国内盤がでると聞き憤死しそうになりました。日にち開きすぎだろ。この曲のMVは日本人がつくってるそうです。謎センス。「No Woman」っていう曲もおすすめです。

9.粉雪/港ハイライトfeat.古川麦


港ハイライト1st.アルバム『抱かれたい女』feat. 古川 麦 全曲試聴トレイラー

CD買ったら小西康陽がコメント出してました。
今年古川麦関連のCDめっちゃ買ってる俺。

10.東京の街に雪が降る日、ふたりの恋は終わった。/前園直樹グループ


前園直樹グループ/東京の街に雪が降る日、ふたりの恋は終わった。
また小西康陽関連。前園直樹グループは今年の正月にCD買いました。
プレミアついてた2ndを定価で買いました。いいだろ。


11.サーカスナイト/青葉市子


青葉市子 - サーカスナイト

これ……冬じゃないだろうな。でも名カバーです。カヴァー・アルバムだしてくれないかな。そういえばもうすぐオリジナル・アルバム発売。


12.Angel Song -イヴの鐘- /the brilliant green


The Brilliant Green -Angel Song -イヴの鐘- (LIVE)

川瀬智子

 

 

こんな感じで、結構ゆったりほっとできるプレイリストであります。
それにしてもコメント適当に書きすぎたな。
……みんなも手持ちの音源でつくってみてくださいね。

おしまい。

ブックオフでおじさんにHey! Say! JUMPのライブDVDを差し出した話。

日記

今日は久しぶりにお休みだったのでブックオフに行きました。
久しぶりの休みにひとりでブックオフにいく孤独っていうんですか、もはや悟りの境地ですよね。解脱してる。

結構前のブログでブックオフ☆ポエムっぽいの書いたんですけど、今回はもうそんな状態じゃなかった。完全に飢えてた。CDの棚を隅から隅まで目で追って背表紙(っていうんですか……表紙じゃないけどなんですかねあそこ)に何も書いてない紙ジャケは勘で引っ張りだしてジャケットを確認する……そんなことを気づけば1時間は軽くやってました。

今回すべては買わなかったんですけど、

浜田真理子「夜も昼も」
谷山浩子「70s」「80s」……
ゆうゆ「こってるネ!」
南野陽子「BLOOM」
原田知世「My Pieces」「noon moon」……

を発掘しました。名前とタイトルから良盤を見つけ出す嗅覚、そして徐々に年配ゲイに近付いていく自分のセンスに驚きました。実際はまだ若いはずなのにどんどんモテなくなる。怖いくらいモテない。何が怖いって未来が怖い。

そのあとDVDコーナーでハロプロのDVDを探しました。
スマイレージの715(前からあった)と「Smile Factory」を発見。こんなど田舎のブックオフで毎回のようにラインナップ変わってるんだけど誰が売ってるんだろう。そして誰が買っているのか!!!モーニング娘。のDVDなくなってたし!!!!友達になりたい!!!!!

そして本題。いつものようにハロプロのあとはHey! Say! JUMPのDVDもチェックしていました。ぼくはHey! Say! JUMPのファンでもあるのです。
そのとき後ろからおじさんが話してる声が聞こえました。

「DEAR.の初回が売ってるよ」

ぼくは思いました。(ジャンプカナ……?)

「smartの初回も」

(DEAR.……smart……じゃんぷ……)

「JUMP WORLDってやつも」

Hey! Say! JUMP………………ッ!!!!!!!!!!!!!!)

間違いない、おじさんはジャンプ関連の商品を探している。
どうやら会話からして電話で娘にプレゼントしようといろいろ探している様子。
おじさんはどんどん近付いてきて、ついにぼくの背後に立ちました。

ぼくが手にしていたのは今年発売された「JUMPing CARnival」初回。
奇跡の4500円。amazonマケプレのプレミア価格からするとびっくりするくらい安いです。(ジャニーズは基本初回がすぐ売り切れるので人気商品は高騰する)
ほしい……ミニ写真集つき……ほしい……ソロアングル……ほしい……でもぼくは1ヵ月前にかなり安値で通常盤新品を買っている……。

おじさんは相変わらず電話で娘と会話してひとつひとつ商品を説明している。
もう娘がきたらいいと思う!!!!!おじさんはガラケーなのできっとネットで商品価格を検索するほどの能力はない!!!!!もう娘がきて!!!!!!!てかきなさいよ!!!!!!!!てかsmart初回高すぎるのよ!!!!!!!!!!!てかBlu-rayも販売せぇや!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

などと考えているうちにぼくは切なさ、ひきかえに

f:id:peiqn:20161009185628j:plain

Hey! Say! JUMPの商品をお探しですか?これ初回限定盤でプレミアついてるんですけど、安いんでお買い得ですよ。娘さんもきっとお喜びになられると思います(にっこり)」

と、そのDVDをおじさんに差し出していたのです!!!!!!
いや、お前誰だよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

f:id:peiqn:20161009185517j:plain


完全に盗み聞きしてる……!

冷静に考えると完全に不審者。髭面高身長デブからHey! Say! JUMPのDVDを差し出されるおじさん……かなり怖かったであろう。
DangerousでSUPER DELICATEな案件だこれは……。

でもおじさんは「そうなんですありがとうございます!ちょっと娘に確認しないと(笑)いやぁお金おろしてこないとなぁ……」

などと出先で機械の使い方がわからずお店のお姉さん(やさしい)に照れながらお礼を言ってるひとみたいなテンションで返事をしてくれました。「ありがとう」~世界のどこにいても~。Thank you~僕たちから君たちへ~。

それに対してぼくは「いえいえ……」と一回微笑んだ後CD棚に移動しひたすら友達に「○○の○○があるんだけど買い!??」というLINEを送りまくり……いや、送ってみた。三通も返事が届いたわwow yeah……たりしていました。30分も……。何してるの自分ほんとに……怖い……。

ようやく買うものを決めてレジに向かおうとしたらさっきのおじさんがきて……

「さっきはありがとうございました!ニコニコ 娘がお礼言っておいてくれて言うもんですから!ニコニコ」

完全に”言葉だけじゃ伝わんない思いだけじゃ届かないけど僕ら不思議だね愛の在処を知ってる……”状態でしたね。「Ainoarika」名曲だね。

それに対してぼくはやさしく「いえ、当然のことをしたまでですから。娘さん、喜んでくださるといいですね」と微笑み、CDを買ってその場を後にしました。

奇妙な満足感。これぞ慈善活動。おそらく反抗期の娘に対してご機嫌とりするお父さんに手を貸すことができた。そして車に乗り込みふと我に返りました。

いや、お前誰だよマジで!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
誰目線だよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

f:id:peiqn:20161009185345j:plain

 

おしまい。

2016年、今年黒柳徹子を好きになった話。

おかしな話ではあるが、ぼくが黒柳徹子をはじめて”同じ人間だ”と認識したのは、おそらく今年の春にNHKドラマ「トットてれび」を観てからだと思う。

それまでぼくは彼女を”浮世離れしたおかしなタレント”としか見ていなかったような気がする。数々の名番組の司会を担当していたこと、ユニセフ親善大使であること、パンダ好きであること、窓際のトットちゃんというベストセラーがあること……そういうことは知っていたが、どれも身近なものではなかった。何しろ活動期間が長すぎて、ほとんどがぼくが生まれる前のことだから。

バラエティなどで芸人に語られる変人エピソードこそが、ぼくの中の黒柳徹子像とニアイコールだった。

そんなぼくが「トットてれび」を観た。
そのドラマのなかで、満島ひかりが演じる黒柳徹子(きちんとエッセイなどから人物像がつくられている)はぼくと同じ人間だった。
付け足しておくと、彼女はちょっと風変わりで、ひとから好かれる才能のある・人間だ。

ぼくからするとおばあちゃんより年上の黒柳徹子が経験してきた困難、楽しい人間関係、友人の死と悲しみ、そしてテレビがはじまってからこれまで築き上げたものに触れて、はじめて彼女のことを”好きだ”と思った。魅了されたのである。

そして先日図書館で「窓際のトットちゃん」をみつけ、はじめて読み始めた。1984年初版のこのベスト・セラー本を、恥ずかしながらこれまで読んだことがなかった。教科書にも載ってなかったし、きっかけがなかった。黒柳徹子自身に興味もなかったら、自分から手を出すこともなかった。

読みやすいやさしい文章は疲れた日でも楽しく読み進められた。
トモエ学園に集まったひとたちと過ごす日常を読んで、自分の小学生だった時代に思いをはせることもあった。
こんな風に楽しく過ごせてなかったな、こんな考え方ができたらもっと自分を変えられたかな、そう思うと当時この本を読めなかったことが不幸だと感じてしまう。

そういえば「赤毛のアン」を読んだときも同じことを考えた。
トットちゃんとアン・シャーリーはよく似ている。
まわりからはたまに誤解されるけど、良い子だ。陽気で嫌味がない。
戦争から遠くない世界に生きているのも同じ。

でもトットちゃんはノンフィクションだからもっとすごいのかも。

きっと20代のひとたちは、ぼくと同じように黒柳徹子が何者かを知らずにただ認識している。そんなひとたちに「トットてれび」と「窓際のトットちゃん」をぜひみてほしいと思う。

黒柳徹子の83年の物語はまるで教科書に載ってる”歴史”みたいなもので、とてもドラマチックだから。そして、いまも生きているから。

彼女のことを好きになると、ひとにちょっとだけ優しくなれる気がする。
それは自分が幸せな気分になれる感じと似ている、と思う。