ぺいちゃんねる'16

続いてはこちらの曲。

【ハロプロ】アイドル最後の輝き・卒業コンサートの名場面ベスト5

売れないとできないことってたくさんあります。
アイドル・グループにおけるその最たるものは、広い会場での卒業コンサートだと思います。

人気がある・なし問わず、メンバーがやめたら悲壮感が漂うもの。
それを祝福ムードで送り出すことは売れてるアイドルにしかできないのです。
広い会場でコンサートすること自体、売れてないと無理ですしね。
ハロー!プロジェクトは1999年の福田明日香卒業以降、多くのメンバーを送り出してきました。一番最近卒業したメンバーは、ズッキこと鈴木香音です。今年の5月。
もちろんそのなかには悲壮感漂うものもありましたが、多くはたくさんのファンに囲まれた感動の卒業式だったと記憶しています。

今回はハロー!プロジェクトが昔から実現してきた”祝福される卒業コンサート”、その名場面をぼくが5つ選んでみました。

5位「I WISH」モーニング娘。吉澤ひとみ卒業コンサート

www.youtube.com
頼りになるリーダーといえばこのひと、4期メンバー吉澤ひとみ
のちにプラチナ期と呼ばれるメンバーたちを長くやさしく引っ張ってくれました。
このパフォーマンスの一番の見所は彼女の”泣かない強さ”。
泣きまくるメンバーたちとの対比が彼女を普段よりもっと美しく見せてくれます。
「I WISH」、良い曲です。モーニング娘。にも彼女にも、晴れの日も雨の日もありましたね。

4位「好きな先輩」モーニング娘。高橋愛卒業コンサート

www.youtube.com

 同期メンバーが卒業後みんな集まるのってなかなかないんですよね。
5期のなかでも、テレ東に入社した紺野あさ美は参加できないと思われていましたが、無事高橋愛卒業コンサートに駆けつけてくれました。
5期のデビュー当初の思い出の曲。紺野・小川卒業コンサートでも歌っていました。
先輩の気を引こうとする新人の歌。そんな歌を、誰よりもリスぺクトされるメンバーになったふたりが歌うのも感慨深いです。
泣き出す高橋愛新垣里沙、マイクは通さないけれど口をぱくぱく、笑顔で見守る紺野・小川の姿も素晴らしい。これぞ青春!モーニング娘。5期の青春物語です。


3位「タビダチの歌」Buono!Berryz工房活動休止コンサート

youtu.be

Berryz工房「Love Together!」と迷いましたがあっちは卒業とはちょっと違うかな、ということでこちらを選びました。
嗣永桃子は送り出される側なのに全く涙を見せません。あんな見た目なのにほんとに強い子ですね。
そして三人とも歌がうまい。
そのなかでもとくに完璧に思える鈴木愛理。そんな彼女が涙で歌をくずす瞬間にぐっときます。それをおちょくるお姉さん組、桃子と夏焼雅Buono!最高です。
この夏、Buono!が復活するので武道館コンサートの前にぜひこの映像をみておきたいところです。


2位「Never Forgetモーニング娘。新垣里沙卒業コンサート

誰よりも加入当時反感をかったメンバー、5期新垣里沙卒業コンサート
苦しかったことも誰よりも多かっただろうと思います。
しかし、最後の舞台は満員の武道館。こんなに愛されるメンバーになりました。

歴代のメンバー中最も感謝の言葉を発したスピーチが、彼女の人柄を表しています。
だからこそ、ここまで愛される存在になったんですね。
道重さゆみのスピーチも素晴らしいですが、ぼくが一番好きなのはこのスピーチです。

1位「Be Alive」モーニング娘。'14/道重さゆみ卒業コンサート

足を負傷し、満身創痍でダンス・ナンバーを連発したあとのこの曲。
悔しさを抑えきれず、涙を流す道重さゆみの姿が印象的です。イヤホンで聞くと、冒頭でしゃくり声が聞こえます。
他のメンバーは何もできず……。ただただ悔しそうに道重を支えます。
こんなにも悔しそうな顔をするのは、彼女たちがいつも本気だから。ハロー!プロジェクトのコンサートが他のアイドルと違うのはこういうところだと思うのです。
悔しいという気持ちでひとを泣かせることなんて、なかなかできることじゃありませんから。

そして最後には吹っ切れたように凛々しい表情を見せるメンバーたち。
ほんとに美しい光景です!

番外編「Never Forgetモーニング娘。亀井絵里・ジュンジュン・リンリンFC卒業旅行

www.youtube.com

名作「ライバル・サバイバル」ではなくこちらから。
三者三様の涙のこらえ方。笑顔でこらえていた亀井絵里が泣き出す瞬間、観ている側もきっと泣いてしまうでしょう。ちなみにぼくは百発百中で泣きます。笑


ーーーーーーーーーーーーーー

いかがでしたか?
もちろんこれ以外にも名演はたくさんあります。今年もアンジュルムが素晴らしい卒業コンサートを見せてくれました。卒業はやっぱり寂しいことですが、これからもハロメンの素晴らしい輝き、そして明るい未来が見られることを期待しています。