読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺいちゃんねる'16

続いてはこちらの曲。

【とるにたらない日記】とるにたらない日記2(~2016/3/16)

2016年3月16日

友達からメールが届いた。「きょうへいちゃん、東京ってあんまり楽しいところじゃないね」あまりにもドラマチックなメールだったので、えっ、と口から声がもれた。
別の友達から便りが届いた。映画「キャロル」のパンフレット。あまりにも嬉しかったので丁寧にお礼の言葉を送った。

春だというのに毎日仕事だ。ミニトマトを収穫して、手入れして、帰る。風呂にはいって、ご飯を食べて、赤毛のアンの続きを読む。その繰り返しが続いている。友達みんな、何かしら刺激の多い生活をおくっているようで羨ましくなるときもある。

でもいまは変わるときじゃないんだよな、とただただアンの続きを楽しむ。
桜がみたいな。花見をしよう。みんな、よかったらぼくを呼んでください。


小泉今日子/「100%」(ニューアルバム『Koizumi Chansonnier』より)

2016年3月13日

アプリのプロフィール欄に「誰か映画観に行きましょう!キャロルみたいです!キャロル一緒にみてくれるならぼく福岡いきます!」とアピールした。
でも誰からも連絡がない!社会って冷たい。

ぼくの今年の春の目標は「キャロル」を映画館でみること!
ここ半年常に「赤毛のアン」を読んでいる。気がつけば村岡花子訳の口調で文章を書き始めるので修正するのが大変だね。まったくのところ。男が言いそうなことじゃないですか。

 

2016年3月11日

ブックオフにいったが欲しいCDはなかった。実はタワレコオンラインで2枚CDを注文していたので正直ほっとしている。最近は聴く音楽の幅がどんどん狭くなってきた。良さそうと思ったCDも棚に戻してきた。昔は大好きだったシンセがポコポコしてるインディーズバンドとかポストロック(インディーズ)とかガレージロック(インディーズ)とか聴けなくなってきた。特に洋楽(インディーズ……でもメジャーのバンドも別に聴いてない最近)。思い返すと昔もちゃんと聴いていたかどうか自信がない。買っただけで満足していたかも。
日本のインディーズバンドのCDはいまだに買いまくっていて、それもいつか飽きないか心配だ。iTunes musicを始めたほうが良いかもしれない。聴かないCDを増やすよりもね。

お金がないのである。
かわいい洋服とかバッグとか買いたいの。でもいつも本とCDを買ってしまう。それを我慢したら洋服とかバッグとか買える。でもおしゃれなものが一週間以上自分を楽しませてくれるかといったら、できないから。

やっぱり本とCD買ってるほうが良いや。

 

2016年3月1日

約束すること、情を通わせることを意味する”契る”と、ものを細切れに切り離す”千切る”。意味は反対なのに、どちらもおなじ”ちぎる”と読む。どうしてそういう風にことばが別れたんだろう……気になる。日本語って面白い。と思って調べたら1ヵ月前にツイートしているひとがいた。(見知らぬひと)どうやらこれは誰でも気がつくことらしい。ぼくは、いまはじめて意識したというのに。

昨日までの春の陽気とはうってかわって、今日はとても寒い。車窓も凍るほど。


クラムボン FujiRock11 Re:雨

2016年2月26日

春を予感させる日差しに、昔の友人のことを思い出した。彼は観葉植物を買うのを趣味にしていた。だけどもそれをすぐに枯らしていた。ときにそれを笑いながら、ときにひどく悔みながら。一度だけ「なんで枯らすのにまた買っちゃうの?」と聞いたことがある。すると彼は真面目な顔で「植物がないと落ち着かなくて。なんか寂しくなっちゃう」と答えた。いま思えば、ぼくもその鉢植えと一緒だったのかもしれない。寂しさを埋めるための友人、そのなかのひとり。そしていつのまにか枯れてしまった。連絡先すらわからなくなった彼を、もはや友人と呼んで良いかもわからないが、一緒にさくらを見に行った。そしてその日の帰り、新しい鉢植えを一緒に選んだ。あの日はとても楽しかった。


メレンゲ - 君に春を思う